交通事故で後遺症が残ったら

交通事故はそれまでの生活を一変させてしまうこともある恐ろしいものです。もしかすると、その後何年にもわたって後遺症に悩まされることもあるかもしれません。後遺症が残ると、当然事故の前のような生活を送ることは難しくなります。それまでの仕事もできずに転職を余儀なくされることもあるかもしれません。そのような状態になった時に復帰のために最初に重要になるのが賠償金を適切な額を受け取るということです。保険の仕組み状、被害者側の過失がゼロの場合、自分の保険会社は賠償金の交渉に参加することができません。そのため、何もしないでいると相手側の保険会社の提示する賠償金の金額に同意せざるをえなくなることもあるでしょう。

相手側の保険会社はできるだけ少ない賠償額で示談を成立させたいと思うのが普通ですので、初めに提示された額は賠償金としては非常に低く設定されている可能性が非常に高いといえます。もしも、適切な賠償額の知識がないと、保険会社の提示する額が適切だと初めから思い込んでしまいやすい賠償金で示談が成立してしまう危険があります。そのような事態を避けるために、弁護士に早い時点で相談することが望ましいといえるでしょう。弁護士に相談するタイミングとしては、示談交渉に入る前からであることが理想的です。自力で交渉を始めて、こじれてから弁護士に相談すると、かえって示談の交渉がもつれ裁判へと発展する可能性も高まるからです。示談交渉の前に弁護士に相談するという重大なポイントを忘れないようにしましょう。このサイトでは心強い味方になってくれる弁護士の働きについて解説します。

You Might Also Like